1. HOME > 
  2. インフォメーション > 
  3. ニュース一覧 > 
  4. 【New SELMER Paris Artist】浅井崇子さん

インフォメーション
INFORMATION

ニュース

2024.06.08
【New SELMER Paris Artist】浅井崇子さん

このたび、名古屋フィルハーモニー交響楽団クラリネット奏者 浅井崇子さんがセルマー・パリ アーティスト となりましたことをご報告いたします

使用楽器:セルマー・パリ  A/B♭管 クラリネット ミューズ 

製品詳細はこちら>>https://www.nonaka.com/selmer/instruments/clarinet/muse/

セルマークラリネットの柔らかで包まれるような響きに学生の頃からずっと憧れていました。

実際に演奏すると、楽器の木部が肉厚だからか、出てくる音は柔らかな響きをまとい、周りの楽器の音に溶け込みやすく、ハーモニーが豊かに響いているのを実感しています。

ぜひ多くの方にセルマークラリネットの素敵な響きを体感していただけたらと思います。。

 

浅井崇子

<プロフィール>

名古屋市立菊里高等学校 音楽科、東京芸術大学音楽学部 器楽科卒業。

オーストリア国立モーツァルテウム音楽大学に留学、北ドイツ、シュレスビヒ・ホルシュタイン オーケストラアカデミーに合格し、参加。

第10回ドス・エルマナス国際クラリネットコンクール第1位。

第21回日本管弦打楽器コンクール クラリネット部門第3位。

第7回日本クラリネットコンクール第3位。

クラリネットを井上京、堤淳喜、小松孝文、村井祐児、アロイス・ブランドホーファー各氏に師事。

現在、名古屋フィルハーモニー交響楽団クラリネット奏者、名古屋音楽大学非常勤講師、愛知県立芸術大学非常勤講師。

一覧に戻る
ページTOPへ ページTOPへ