役割の幅広い打楽器

ENGLISH
  1. HOME > 
  2. 楽器 > 
  3. 打楽器 > 
  4. キーボードパーカッション

打楽器

マリンバ, シロフォン, ヴァイブ, グロッケン, チャイム
Marimba, Xylophone, Vibraphone, Glocken, Chime

マリンバ

マリンバ

ピアノの鍵盤と同じ配列の共鳴管がついた木製鍵盤打楽器。 4〜5オクターブと幅広い音域を持ち、ローズウッドやアフリカン・パドック等の高級材により鍵盤が造られ、響きの豊かな深い音色が魅力です。

シロフォン

シロフォン

ピアノの鍵盤と同じ配列の共鳴管がついた木製鍵盤打楽器。 3半〜4オクターブほどの音域を持ち、マレット(主にゴムやプラスチックで出来た撥)を使い、明るく硬質な歯切れの良い音色が特徴、類似した楽器にマリンバがありますが、調律による倍音構造が違い、楽器の種類としては別になります。

ヴァイブ

ヴァイブ

ピアノの鍵盤と同じ配列の共鳴管がついた金属鍵盤打楽器。マリンバより派生して開発されたビブラフォンは、3オクターブほどの音域をもち、共鳴パイプに取り付けられたファンが回転することにより、余韻に速度調節可能なビブラートをかけることが可能です。

グロッケン

グロッケン

ピアノの鍵盤と同じ配列の金属鍵盤打楽器。正式にはドイツ語のグロッケンシュピールで、英語ではオーケストラ・ベルとも呼ばれます。音盤打楽器の中で一番高い音域を担当します。

チャイム

チャイム

もともとは教会の鐘の代わりとして誕生した楽器です。約1オクターブの音管から構成され、中世の教会を思わせるような音色を奏でます。

ピックアップ

カタログ

マッサー シロフォン[M-40J]/ビブラフォン[M-45J] リーフレット
マッサー
シロフォン[M-40J] /
ビブラフォン[M-45J]
リーフレット
マッサー ニューパフォーマーシリーズリーフレット
マッサー
ニューパフォーマーシリーズ
リーフレット
マッサー マレットリーフレット
マッサー
マレットリーフレット

ブランド

Musser
マッサー

マリンバ奏者であり、J.C.Deagan社の従業員でもあったクレア・オマール・マッサーにより、1948年アメリカのシカゴに鍵盤楽器メーカーとして設立。
クレア・オマール・マッサーは演奏者としてはもちろん、アレンジャーとしても世界的に活躍しており、彼のテクニックに対応するためマッサー社のマリンバ、ヴィブラフォンは様々な技術革新をしてきました。カスタムメイドだけではなく、設計にも関わり、今日のマリンバ、ヴィブラフォンがあります。

アクセサリー(関連商品)

Musser
マッサー

John's Wood
ジョンズウッド

ページTOPへ ページTOPへ