セルマーの歴史

1980〜

  • 1980
    ジェラール・バディーニが初のジャズ・テスターとなる。
  • 1981
    「スーパーアクション80」を発表。
    ミラ通りの工場を閉鎖し、金管製造部門をマントに移す。
    1982
    ジャック・セルマーの息子ジェローム・セルマーが入社。
  • 1984
    ギー・ダンガンの助言によって開発された「レシタル」クラリネットを発表。
  • 1985
    モーリス・アンドレの後任としてギー・トゥーヴロンがトランペットのアドバイザーとなる。
  • 1986
    「スーパーアクション80シリーズII」アルトおよびテナー・サクソフォンを発表。
    1987
    ジャン・セルマーが引退。
  • 1989
    ミシェル・ヌオーの後任として、パリ音楽院サクソフォン科教授のクロード・ドゥラングルがアドバイザーとなる。
  • 1990
    リヨン音楽院クラリネット科教授のジャック・ディドナートがアドバイザーに加わる。
    「シリーズ1100」および「シリーズ1200」テナー・トロンボーンを発表。
  • 1993
    「プロローグ」および「10SII」を発表。
    イタリアのペーザロで開催された第10回世界サクソフォン・コングレスで「スーパーアクション80シリーズIII」ソプラノ・サクソフォンを発表。
    1993年7月19日に製造された50万本目のサクソフォン「スーパーアクション・シリーズII」アルト(ゴールド・プレート、彫刻付き)を極東総代理店の野中貿易に贈呈。
    アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンが愛用するセルマー・サクソフォンを手にホワイトハウスに入る。
    将来のマント工場拡張のため、さらに3,500m2の土地を入手。
  • 1994
    バス・クラリネットを従来の「23」(LowE)、「25」(LowC)から、それぞれ「23II」「25II」にグレードアップ。
    マント工場の製造品目と原価管理にもコンピュータ・システムを導入。
  • 1995
    Bトランペット「コーラス/80J」を発表。
    「SA80/シリーズIII」に替わり「シリーズIII」ソプラノ・サクソフォンを発表。
  • 1996
    アレッサンドロ・カルボナーレがクラリネットのアドバイザーとなる。
  • 1997
    フィリップ・アノンがバッソンのアドバイザーとなる。
    「シリーズIII」テナー・サクソフォンを発表。
  • 1998
    ジョージ・セルマーとジャック・セルマーが引退し、セルマー・パリ社はパトリック・セルマー(社長)、ブリジット・デュポン-セルマー(副社長)、ジェローム・セルマー(総支配人)の第4世代に引き継がれる。ポール・ルフェーヴルの息子フィリップ・ルフェーヴルが、品質管理部長として入社。
    3,000m2の新工場が新設され、マント工場は現在20,000m2以上の広さにまで拡張された。
    ジャック・ディドナートとの協力により開発された「シグネチャー」クラリネットを発表。
  • 1999
    「シリーズIII」アルト・サクソフォンを発表。
    フィリップ・アノンの協力により開発した「53M」バッソンを発表。
    「スーパーセッション」ソプラノ・サクソフォン用 マウスピースと「CP100」クラリネット用 マウスピースを発表。
  • 2000
    ラ・シガール劇場で第1回「セルマー&フレンズ」コンサートを開催。
    ゴールド・プレート・キーの「シグネチャー」クラリネット、そしてサンドブラスト・シルバー・プレート仕上げの「シリーズIII」アルトと「コーラス80J」トランペットを、2000年限定モデルとして発売。
  • 2001
    「リファレンス」テナー・サクソフォンと「コンセプト」トランペットおよびフリューゲルホルンの開発に着手。
    クラリネットを取り上げた第2回「セルマー&フレンズ」コンサートを開催。
  • 2002
    BおよびAクラリネット「オデッセイ」「アルティス」を発表。
    ニュー・エディションの「ソロイスト」マウスピースを発表。
    本社の修理部門を改修。
  • 2003
    「リファレンス」アルト・サクソフォンを発表。
    マント工場を一般に開放する「オープン・デイ」を初めて実施。
    マント工場の製造部門と企画部門でコンピュータ制御システムを導入。
  • 2004
    セルマー・クラリネット製造100周年にあたり、記念モデルの「サンルイ」を発表。
    バス・クラリネットの「プリヴィレッジ」を発表。
    フォンテーヌ・オ・ロワの本社にショールームとコンサートホールを開設。
  • 2005
    創立120周年記念の第3回「セルマー&フレンズ」コンサートをオリンピア劇場で開催。
  • 2006
    「アルテア」クラリネットを発表。
  • 2008
    BおよびAクラリネットの「プリヴィレッジ」を発表。
    「シリーズⅢ」バリトン・サクソフォンを発表。
  • 2010
    セルマー・パリ社が創立125周年を迎える。
    サクソフォン「ジュビリー」発表。
    アルト・サクソフォン用マウスピース「SD20」を発表。
    アルトおよびテナー・サクソフォン用マウスピース「SPIRIT」を発表。
    パリ国立高等音楽院教授ならびにパリ管弦楽団首席クラリネット奏者のフィリップ・ベローがセルマー・パリ社のアドバイザーとなる。
  • 2011
    セルマー・パリ社が古くからの職人的な産業技術を継承してきたことにより、"現存する伝統企業"としてフランス政府から認定される。
  • 2013
    アルト・サクソフォン用マウスピース「コンセプト」を発表。
  • 2014
    「プリヴィレッジ ニューヴァージョン」クラリネットを発表。
    ソプラノ・サクソフォン用マウスピース「コンセプト」を発表。
    アルト・サクソフォン用マウスピース「プロローグ」を発表。
    「プレザンス」クラリネット発表。
    サクソフォン「ニューヴァルールⅡ」発表。
    セルマー・パリ創立130周年記念モデルサクソフォン「130周年アニバーサリー・リミテッドエディション」を発表。
  • 2015
    アルト・サクソフォン「アクソス」を発表。
    Bクラリネット用マウスピース「コンセプト」「フォーカス」を発表。
  • 2016
    「プロローグ」クラリネット発表。
  • 2017
    テナー・サクソフォン用マウスピース「コンセプト」を発表。
  • 2019
    「EVOLUTION★仕様」クラリネットを発表。
    アルト・サクソフォン用マウスピース「クロード・ドゥラングル」を発表。
  • 2021
    テナー・サクソフォン「アクソス」を発表。
    アルト・サクソフォン「シュプレーム」を発表。
    アルト・サクソフォン「アクソス "2nd genelation"」を発表。
    Bクラリネット「Muse ミューズ」を発表。
  • 2022
    アルト・サクソフォン「シュプレーム “Modèle 2022”」を発表。