バンドーレン・リード、高水準の品質管理と6つの保証

リードの製造工程

南フランスのバール地方の中部で、バン・ドーレン一家は3世代にわたりアルンド・ドナックスを育ててきました。
アルンド・ドナックスは、プロヴァンスの地元の人々から"ミュージック・ケーン"と呼ばれています。

ケーンを育てる際には、たくさんの重要な要因を考慮に入れなければなりません。土壌の特質、湿度、天候、十分な日照、風、それらすべてがケーンに命を与えます。育てる人々が経験とノウハウを背景に、しかも情熱を持って育てることは言うまでもありません。

ケーンがバンドーレンの名にふさわしい状態に育つまでに、4年にもわたって愛情と手間がかけられます。ケーンは根茎から育てられます。1年目では、ケーンは申し分ない高さと太さにまで育ちます。十分成長して強くなった2年目の終わりに、収穫ができるようになります。

ケーンを刈るのには、繊維を破壊しないよう特別にデザインされた大はさみを使って、昔ながらに熟練した職人が手で刈り取ります。刈り取りは月が沈んでいく間に行いますが、これはケーンの樹液の動きが完全に停止している時間だからです。

その後皮をむき、6フィート(約180cm)の長さにカットして黄金色にするために天日にさらします。この際時々茶色の部分ができます。ケーンはその後束ねられ、バンドーレン社の通気の良い倉庫で保管されます。加工を始める前、あと2年ここで乾燥するのです。

ケーンが加工するのに十分な状態になると、最初のカットを行います。この最初のカットで、リードにするための大まかな形が作られます。
その状態から、ベルナール・バン・ドーレンが作ったモデルをもとに、100分の1ミリの精度で角度が付けられます。
ベルナールのもつ、三世代にわたって受け継がれてきた知識が、無数のラインとカーブを結び付けることを可能にしました。バン・ドーレン氏によって魂を吹き込まれたこの小さなケーンは、ミュージシャンの才能によって、いつの日かその存在を世に示すことができるのです。

製造の各段階ごとに検査を行い、色と形が品質基準に合うものかどうか確認します。
除外されたリードは、工場で暖房用に使われます。

ケーンはそれぞれ独自の個性を持っており、それがリードのコシの強さを決定します。
自然の産物ですから、ひとつとして同じケーンはありません。
熟練の職人による最後の検査の後、コシの強さに応じた番号のスタンプを押し、バンドーレンのロゴを付け、カバーに収め、パッケージに詰めて完了です。また、バンドーレンのリードは世界中の演奏家によりテストされ、同社の厳しい水準を保っています。

品質管理の手順

バンドーレンは品質管理のための検査行程を数多く設けています。
それはケーン栽培から最終選別まで、あらゆる行程で行われています。
リードは100分の1ミリの精度でチェックしなければならず、最先端の精巧な電子機器によって測定されます。
そして、不良品は厳しく除外されます。カットをいつも正確にするために、工具も定期的にチェックを行い取り替えられます。
バンドーレンでは常にリサーチを行い、機械の性能を向上させる新しい方法を開発して、最高品質の製品ができるよう努力しています。

6つの保証

リードの精度
1. 精度
各リードの精度を維持するため、リードは精密な電子機器で1枚ずつすべてチェックされています。
リードの保護
2. 保護
損傷を防ぐために1枚ずつプラスティック製のプロテクターで保護されています。
消費者への保証
3. 消費者への保証
個々のリードボックスは、工場出荷後、未開封であることを保証するためにセロハンで封印されています。
フローパック ファクトリーフレッシュ
4. フローパック ファクトリーフレッシュ
フローパックは、湿度測定で優れた安定性を保証しながら、湿度バリアパッケージで封印されている新しい概念のパッケージです。
フローパック 30枚入り/50枚入り
5. フローパック 30枚入り/50枚入り
このパッケージは特に音楽学校、吹奏楽の需要を満たすようにパックされております。(現在B♭クラリネットとアルト・サクソフォンのみ)
安心をお届けするNONAKAシール
6. 安心をお届けするNONAKAシール
銀色のシールが貼ってある製品のみ、野中貿易が取り扱う正規輸入品です。

ショールーム
セルマージャパン

ショールーム セルマージャパン