革新的なマウスピース クロード・ドゥラングル革新的なマウスピース クロード・ドゥラングル

それはまさに、
革新的マウスピース

セルマー・パリ社の長い伝統を継承しながら、
クロード・ドゥラングル氏との密接なコラボレーションにより誕生。

スケッチ画

アドルフ・サックスの最初のマウスピースの特徴とされている金属リングとカットデザインは、これまで培ってきた伝統とConceptシリーズの開発で得られたノウハウを基にしており、「エボナイトと金属のハイブリッド」マウスピースとして完成。
金メッキが施された金属リングがボア全体を覆い、音の遠達性が増強され、より緻密で豊かなサウンドが得られます。

多くのサクソフォン奏者と観客を魅了することでしょう。

クロード・ドゥラングル マウスピース

アルトサクソフォン用マウスピース
“Claude Delangle” クロード・ドゥラングル

貴重なパートナーをあなたに托します。
偉大なフランスの伝統、音とハイテクの豊かな文化の集大成として生まれたこのマウスピースは、あらゆるステージであなたのエネルギーと調和します。

Claude Delangle サイン
クロード・ドゥラングル マウスピース
  • ティップ・オープニング:1.65mm
  • フェイシング:24mm
  • ラウンドチェンバー

希望小売価格 29,500円(税抜)

プロフィール

クロード・ドゥラングル クロード・ドゥラングル

Claude Delangle

フランス、リヨン生まれ。1988年よりパリ国立高等音楽院サクソフォン科教授を勤める。ギャップ欧州サクソフォン大学の共同創始者であり、1988年より同大学芸術監督を勤める。フランス芸術文化勲章受勲者。1986年から2000年までピエール・ブーレーズ氏からの依頼により彼自身が率いるアンサンブル・アンテルコンテンポランのソリストを勤める。
またルチアーノ・ベリオ氏とコラボレーターとして作品創作に密接に関わるなど、世界的な作曲家、指揮者、主要オーケストラなどと共に新しいレパートリーの発展に貢献している。これまでにノルウェーのCDレーベル、BISから12枚のアルバムを発表。またドイツ・グラモフォン、ハルモニア・ムンディ、エラート、ヴァラニーなどのレーベルからドビュッシー、ウェーベルン、ベリオ、デニゾフ、デュフォー、グリゼイ、デニゾフ、ルルーなどの作曲家のモノグラフCDの録音に参加している。
パリエコール・ノルマル音楽院教授であり妻であるオディール・ドゥラングルとは「デュオ・ドゥラングル」として40年以来共演を続け、世界各国に招かれている。
サクソフォンのメーカーであるパリ・セルマー社のアドヴァイザーとして楽器開発にも貢献。
またフランスの出版社、アンリ・ルモアンヌ社では「クロード・ドゥラングル・コレクション」として自身のセレクションによる出版活動をおこなっており、彼の友人である作曲家のブルーノ・マントヴァーニ、野平一郎、棚田文紀各氏をはじめとした作曲家の作品を世の中に広めている。

  • ※価格は税抜き表示となります。
  • 仕様、付属品は予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。
  • モデルによっては、納期を必要とする場合がありますのでご了承ください。