トランペットの種類について

ENGLISH
  1. HOME > 
  2. 楽器 > 
  3. トランペット > 
  4. ファミリー

トランペット
Trumpet

バック / B♭トランペット “180ML37SP”

トランペットのトップへ

ファミリー

  • ピッコロ・トランペット

    ピッコロ・トランペット

    ふつうのトランペットの1オクターブ上になる高音域の輝かしい響きが特色で、バロック音楽ではさまざまな場面で活躍します。また、近現代音楽やブラス・アンサンブルでも、持ち替え楽器として也要されます。

  • コルネット

    コルネット

    トランペットとよく似ていますが、少し小ぶりでトランペットよりも柔らかい音色です。小学校のブラスバンドでよく使われています。

  • トランペット(in C , B♭)

    トランペット
    (in C , B♭)

    一般に吹奏楽やオーケストラ、ジャズでの花形として活躍するのがB♭トランペットですが、オーケストラではしばしばCトランペットが使用されることがあります。

  • フリューゲルホルン

    フリューゲルホルン

    ホルンという名がついていますが、これもトランペットの仲間です。
    トランペットよりも縦横ともに一回り大きく、管はトランペットやコルネットなどの円筒管とは異なる“円錐管”になっているため、非常に柔らかく、暖かい音が持ち味の楽器です。
    その音色ゆえに、ジャズなどでも多く使われます。

  • バス・トランペット

    バス・トランペット

    ふつうのトランペットより管が長く、低音域を担当します。ヤナーチェク作曲の「シンフォニエッタ」などで使用されており、場合によってはトロンボーン奏者が演奏することもあります。

  • トライアンファル・トランペット

    トライアンファル・
    トランペット

    ファンファーレや歌劇「アイーダ」の凱旋場面などで使用される主管・ベル部分を長くのばしたトランペットで、その部分には旗などの装飾を取り付けることが可能です。輝かしいサウンドと、複数本でそろえたときのさっそうとした姿が魅力です。

ページTOPへ ページTOPへ