Henri Selmer Paris トップ > 歴史 1819〜1939

歴史

1819〜1939
1819
父ジャン-ジャックや祖父ヨハン・ヤコブ・セルマー(1749年生まれ)と同様に軍楽隊長となるシャルル-フレデリック・セルマーが誕生。
1840
アドルフ・サックス(1814年ベルギーのディナンに生まれ、1849年パリに没す)が「サクソルン」と名付けた新しい低音楽器を製造。
1842
アドルフ・サックスがパリに工房を設立し、さらに1848年には191人の社員を雇用するまでに拡大し、年間20,000本の楽器を生産。
1846
アドルフ・サックスが新しい木管楽器を製作し、サクソフォンと名付ける。
1880
シャルル・フレデリック(1878年没)の息子ヘンリー(アンリ)・セルマーがパリ音楽院を卒業し、22歳でギャルド・レピュブリケーヌ・オーケストラに入団。彼はまた、コンセール・ラムルー管弦楽団の初代クラリネット奏者で、またパリ歌劇場管弦楽団でも演奏した。
1885
ヘンリー(アンリ)・セルマーがセルマー・パリ社を創業し、リードとマウスピースの生産を開始。
同年、弟のアレクサンドル・セルマー(1864年生まれ)がボストン交響楽団のクラリネット奏者となる。
1904
ヘンリーとアレクサンドルがパリのプラース・ダンクールに工房を構える。
ヘンリーはアメリカのセントルイス万博に初めてクラリネットを出展し、金賞を受賞。
この時期2年間アレクサンドルはシンシナティ交響楽団でセルマー・パリ社のクラリネットを愛用し、アメリカでセルマー・クラリネットの評価を大いに高めた。
1905
ロベール社でクラリネットを製造していたポール・ルフェーヴルとその息子ヘンリーがセルマー・パリ社に入社。
ヘンリー(アンリ)・セルマーがフルート・メーカーのバルビエ社を買収。

1906
アレクサンドル・セルマーがニューヨークに会社を設立し、セルマー・パリ社のクラリネットの販売を開始。これが、後のセルマーU.S.A社となる。
1910
このころには非常に多種の楽器やアクセサリーを生産していたことがカタログに記録されており、ポール・ルフェーヴルの次男モーリスもセルマー・パリ社に入社し、生産拡大に貢献。
アレクサンドルは、アメリカで立ち上げた会社を弟子のジョージ・バンディに譲渡し、フランスへの帰国を決意。
1912
40人の技術者が勤めるガイヨンの工場を設立。
1919
マンテの工場を設立し、ヘンリー(アンリ)・セルマーの娘婿であるモーリス・ルフェーヴルとヘンリー・ルフェーヴルが運営にあたった。
1922
1921年12月31日に、最初のセルマー・サクソフォンである「シリーズ22」アルト・サクソフォンが完成された。これは「モデル22」に継承され、Cメロディ・テナー・サクソフォンを含むすべてのサクソフォン・ファミリーがそろえられた。
ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団のサクソフォン奏者フランソワ・コンベルがセルマー・パリ社のテスターとなる。
セルマー・パリ社は50人の社員を抱えるに至り、サクソフォンの月産は30本となった。
1923
マンテの工場を拡張し、リード工房1ヶ所、サクソフォン工房2ヶ所が建設された。
1926
月桂樹の輪に「ヘンリー・セルマー・パリ」というアルファベットを組み合わせた新しいロゴが考案される。このロゴはセルマー社の証として、今日でも楽器に刻印されている。
サクソフォンの「モデル26」を発表。
セルマー・パリ社の社員が136人となる。
1927
メタル・クラリネットを発表。
ジュネーヴの万博でグランプリを受賞。
1928
「モデル28」を発表。
この時期、クラリネット、バッソン、フルート、サクソフォン、オーボエ、イングリッシュホルンなど多岐にわたる楽器を生産。
セルマー・カナダ社を設立。
1929
アドルフ・サックス社を買収し、セルマー・パリ社は唯一のサクソフォンの正統な継承者となる。
セルマー・ロンドン社を設立。
12個のアメジストをあしらった9909本目のサクソフォン記念モデルをバルセロナ万博に出展。
1930
従業員が175名になり、楽器は月産300本となった。
「シガー・カッター」サクソフォンを発表。
輸出が急速に拡大し、全生産品の80%が国外用とされた。
リエージュの万博でグランプリを受賞。
1931
金管楽器メーカーの「ミルルー」を買収。
1932
弦楽器メーカーのマリオ・マッカフェリ社と提携し、ギターの生産を開始。
1933
ヘンリー・ジェームスが愛用した後の「バランスド」モデルとして知られる「アームストロング」トランペットを発表。
1934
「ラジオ・インプルーヴド」サクソフォンを発表。
1936
サクソフォンに革命をもたらしたとも称される「バランスド・アクション」を発表。
この年のカタログからはセルマー・パリ社の技術革新と発展の様子が見て取れ、クラリネット、オーボエ、イングリッシュホルン、バッソン、フルート、サクソフォンそして金管楽器が発表されている。
モーリス・ルフェーヴルが死去。
1937
モーリス・セルマーの長男でヘンリー・ルフェーヴルの娘婿でもあるジャン・セルマーが、ポール・ルフェーヴルと共に入社。
「バランスド」Cメロディ・テナー・サクソフォンを発表。
page top