役割の幅広い打楽器

ENGLISH
  1. HOME > 
  2. 楽器 > 
  3. 打楽器 > 
  4. タンブリン

打楽器

タンブリン
Tambourine

皆様おなじみ、タンバリンとも呼ばれる小さな太鼓。 胴体の周囲に小さなジングルがついており、振ったり叩いたりすることで音が鳴ります。色々な大きさ、形があり、教育の場でも、また遊びの場でも、気軽に使えて楽しめるため、多くの人に親しまれています。

ピックアップ

タンブリンの材質、音色の違いについて

タンブリンには高品質な単板アッシュ材、チェリー材、一般的な合板のメイプル材、安価なプラスチックなどが使用されます。
ジングルの種類は明るい硬質のクロームから重厚なブロンズ、落ちついたジャーマンシルバー、柔らかな音色のベリリウムコパーなど個性豊かな材質があり、用途に応じて選択が可能です。
一般的には10インチを使用しますが8インチ、12インチサイズもあります。
ジングルは二段になっているダブルとシングルタイプがあります。
コンサート向けのタンブリンには本皮ヘッドが張られていますが、天候や湿度に影響の少ないプラスチックヘッドタイプもあり、またラテン音楽、ポップスなどに使用されるヘッドの無いタイプもあります。

カタログ

ブランド

Black Swamp Percussion
ブラック・スワンプ

1994年よりプロの打楽器奏者が要求するサウンドに焦点を当て、高品質の打楽器開発&製造をおこなっているメーカー。良質のタンブリンをはじめ、豊かな響きのトライアングルやウッドブロック等 多くの打楽器奏者から絶大な支持を得ています。新開発された異なるケーブルを個別調整できるマルチソニックスネアシステムを搭載したスネアドラムはブラックスワンプ社の技術革新そのものです。

アクセサリー(関連商品)

  • ・タンブリン用バッグ
ページTOPへ ページTOPへ