NONAKA TOP > マガジン > プロが語る試奏感 > 記事

プロが語る試奏感

小田桐寛之 × Bachテナーバストロンボーン“TB400B”

『V.バック生誕120周年にふさわしい名器の誕生』

このTB400B、なかなかイイ感じです。
しかもこのプライス、驚きです!

ゴールドブラス・ベルの特有の華やかさもあり、また同時にダークさもあり、さまざまな音色が出せるので、どんな曲でも楽しく演奏できます。
スライディングもライトウェイトなので、スムーズで反応もよく、レガートや速いパッセージも楽勝です。オープンラップなのでF管の音抜けも良好ですし、レバーの反応もいいですね。
このモデルは、上級クラスと変わらないスペックで太管仕様となっていますから、初心者から、経験者まで、幅広く、また長く使用することができると思います。
ケースも頑丈にできていますし、バックパック式にもなるので荷物が多い日でも安心です。

こんなにいい楽器で練習していたら、本番が楽しみになりますよ!

TB400Bの詳細はこちら!!


小田桐寛之 Hiroyuki ODAGIRI
(東京都交響楽団首席トロンボーン奏者)

1957年2月17日、北海道札幌市に生まれる。
洗足学園短期大学音楽科卒業。
トロンボーンを真弓基教、野武重忠、秋山鴻市の各氏に師事。
東京都交響楽団首席奏者、東京トロンボーン四重奏団、ザ・ブラス・ゼクステット、東京メトロポリタン・ブラス・クインテット、東京メトロポリタン・トロンボーンクァルテット、ジャパン・ノース・ブラス各メンバー。
洗足学園音楽大学教授。昭和音楽大学講師。国立音楽大学講師。
2005年ソロアルバム『スカラムーシュ』をリリース。
その他、多くのCD録音に参加している。


page top