Holton トップ > ホルトンについて

金管楽器のホルトン社

1898年、シカゴ・マジソンストリートのビル3階に
2室の楽器店を開業したのが、 今日のホルトン社の始まりです。
有名なジョン・フィリップ・スーザ・バンドの首席トロンボーン
奏者だった フランク・ホルトンは、開業と同時にトロンボーン用の
スライドオイル、 フォーミュラエレクトリックオイルを発売しました。
今日ではあまりにも有名なホルトンオイルは、100年間ベストセラーを
続けています。
19世紀より金管楽器を製作し、ホルトンの設計する斬新なデザインは
多くの奏者から 愛用されるようになりました。
ホルトン社のフレンチホルンの開発は、フィリップ・ファーカス、
バリータックウェル、 エセル・マーカー等のパーソナルモデルから、
ルイス・スタウト、リサ・ボントレジャー、 などのトッププレイヤーの
アドバイスにより圧倒的なラインナップを完成させました。
金管楽器の総合メーカーとして世界中に広く知られるホルトン社は、
2004年8月、 アメリカの管楽器メーカーとして最も長い歴史を誇る
Conn-Selmer社(旧・Selmer USA)に 経営権を譲渡し、
より一層の発展を目指しています。
そして2005年3月1日より野中貿易株式会社は日本総代理店として、
皆様のお手元にホルトン社の製品をお届けしております。

ホルトン、その特筆すべき特徴は、音程の良さと、
あらゆる音域にわたりむらのない吹奏感、そして他のどの楽器とも
調和する柔軟性の高さでしょう。
これらのうちひとつでも欠落すると、演奏に余計なストレスが
かかることになります。我々演奏家にとって、満足のいく演奏を
するために欠かせないことのひとつは、なるべくストレスのない状態で
演奏に集中できることです。
そして私がホルトンを持つとき、ストレスのない安心感を手にすることが
できます。

■中島大之(国立音楽大学教授、元NHK交響楽団ホルン奏者)