Bliss トップ > コンセプト

スリムで、接合リングのない、そして合成素材のパッドを採用し、ほかに類のないものとなっています。 新たに開発された高品質合成樹脂製の本体は非常に耐久性があります。 また、オリジナルのケースや、リード、スワブが本体に装備されており、このルブラン・ブリス・クラリネットはそのサウンド同様、外観も独自に研究されました。

ルブラン・ブリス・クラリネットはオリジナルのバックン・ベル、バックン・バレルが付属されています。 トーンホールはオーバーカットおよびアンダーカットが施されているので指がフィットしやすく イントネーションが自在で、また低音Eの補強用金属バーと右手小指F/Cキーに付いている 連動キーのコンビネーションによりルブラン・ブリス・クラリネットは調整の狂いがなくなり、演奏しやすいのです。 組み立てに関しても独自な発想が生かされており、それはステンレス・バネや ストラップ用リングの付いた可動式サムレスト、そして特別にデザインされたキー・ワークに見て取れます。

ルブラン・ブリス・クラリネットの命はサウンドです。
バックンの音響設計を採用してテノンの角を落とし、息の流れがスムーズになって、演奏がとても楽になりました。 エレガントな管体シルエットで高級グラナディラ製のLB210Sは、軽快な吹奏感でありながら豊かで洗練された音で、コストパフォーマンスは抜群です。