【茂木大輔氏選定品】 マリゴ : オーボエ 901 セミオート
40000番台に突入したマリゴオーボエはNHK交響楽団首席奏者の茂木大輔氏も絶賛!!
音色、音程共にバランスの取れたたくさんの楽器の中から、重すぎず軽すぎず、程良い抵抗感の楽器をチョイスして頂きました。
茂木氏の楽器を調整している技術スタッフが検品をしてご用意しております。
なめらかな吹奏感とまろやかな響きをぜひお試しください!
直筆サイン入りの選定書付き。
選定品の数には限りがございますのでお早めに!

希望小売価格 \1,170,000(税抜)




■仕様
付属キー:
第3オクターブキー、左Fキー、フォークFレゾナンスキー、LowB♭レゾナンスキー、 LowHレゾナンスキー
トリルキー:
LowH-C#、LowC-C#、C#-D#、D#-E、F#-G#、G#-A、A♭-B♭、A#-H、H-C#、左手C-D、 右手C-D

管体素材:グラナディラ

■付属品
・ケース、ケースカバー(ショルダーベルト付き)
・マリゴ:グリス
・3本入りリードケース
・マリゴ:オーボエ用スワブ
・ノナカ:ポリッシングクロス マリゴ(MARIGAUX)
・クリーニングペーパー
・オーボエ完成リード×2本
(ご希望のタイプがございましたらお知らせください。また特にご希望が無い場合や初心者の方の場合はそれぞれおすすめのリードを選んでお送りさせて頂きます)
・野中貿易一年間保証

茂木大輔 〜もぎ だいすけ〜
国立音楽大学卒業後、ミュンヘン音楽大学マイスターコース修了。丸山盛三、G.パッシンの両氏にオーボエを師事。1982年ヘルムート・リリンクの指揮するシュトゥットガルト・バッハ・コレギウムのメンバーとして世界各地を演奏旅行するとともに「バッハ教会カンタータ」の全曲録音に参加。1987年シュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団に入団し、第1オーボエ奏者を務める。1990年NHK交響楽団に首席オーボエ奏者として入団し帰国。以後ソリスト、室内楽等、ジャンルにとらわれない演奏活動を積極的に繰り広げ高い評価を得ている。また文筆活動においても才能を発揮し、著書、連載共に好評。CDも多数リリースしている。近年では企画、司会、解説、指揮、作曲など多岐にわたる分野で幅広い活動を行っている。

掲載日:2017年10月27日

※価格は掲載日時点の税抜価格となっています。
close